必ずうまくいく!簡単禁煙法

2週間の禁煙で減らせるリスク

喫煙行為はさまざまな病気などのリスクを増大させる存在として広く知られています。
そのリスクは喫煙期間が長ければ長いほど積み重なっていくものですから、早い段階で禁煙をスタートするということは非常に良いことです。
ですが禁煙と言うとなかなかハードルが高いというのも確かです。
特に日常的に喫煙をしていた人にとって、禁煙はひとつの生活習慣を断たれるに等しいのですからなおさらのことでしょう。
そうした辛い禁煙を乗り切るために知っておきたいのが、禁煙の具体的なリスク減少効果です。
では例えば2週間、タバコを吸わないようにするとどういった効果があるのでしょうか。
まず2週間以内に見られるものとして大きいのは味覚と嗅覚の改善です。
「タバコをやめて太った」というケースが非常に多いのは、これが大きく関係しています。
タバコを吸うと舌にタールなどの物質が付着して味覚を濁らせ、喉などに付着することで嗅覚を鈍らせます。
これは2週間以内でもかなり多くの人が自覚する改善効果となっており、中にはその違いに驚くという人もいます。
次いで、喫煙によって肺や身体の痛みを感じていたという人はその痛みが格段に少なくなります。
実際には72時間後、3日後以降に経験する人が多いのがこの改善効果です。
禁煙をスタートして72時間後にランニングをしてみるとこれまでよりも長い距離を走ることができるようになった、疲れを感じづらくなったというような効果が見られるようになります。
病気のリスクはまだ残っていますが、身体的な能力低下はここである程度改善されるのです。
そして1週間以上禁煙が続くと、ニコチンによって働きが阻害されていたアセチルコリンの復活によって睡眠の質の向上が見られるようになります。
またこれくらいになると徐々に美肌も効果として見られるようになりますから、まず2週間の禁煙を頑張ってみるようにすると、その後が楽になるのです。