必ずうまくいく!簡単禁煙法

禁煙外来で促す言葉にNOといえるメンタルを養う

喫煙は百害あって一利なしの産物であることに間違いありません。
タバコの煙に含まれるニコチン、タールといった成分は体を蝕む成分として非常に有名です。
こうした成分を喫煙によって長年吸い続けることで肺がんや乳がん、喘息、動脈硬化、高血圧などの疾患に陥る確率を高めると言われています。
また喫煙は受動喫煙させるのが問題であり、子供や妊婦などに害を与えるのは言うまでもありません。
またニコチンは依存性の高い成分であり、喫煙者はニコチンが切れるとイライラしたり、情緒不安定に陥ってしまいます。
そのためヘビースモーカーなどは、喫煙するタイミングを中心に生活が回っていくようになります。
タバコが切れてしまうと、気が狂ったようになり日常生活がままならなくなります。
またヘビースモーカーは喫煙を促す言葉に非常に弱い傾向にあります。
休憩しよう、一服しようと言う言葉は全てタバコを促す言葉として解釈するようになります。
休憩しようと促されると、喫煙を促す言葉として解釈し、条件反射のように口にタバコを持っていくようになります。
そのため高槻のある禁煙外来クリニックではこうした促す言葉にNOと言えるメンタルを鍛えることから禁煙治療が始められます。
一服、休憩と言う言葉を聞いてすぐにタバコを連想するのではなく、お茶を飲んだり、おやつを食べたり、、ミントガムを噛むという条件反射にすり替えて行きます。
こうした条件反射の行動パターンを変えるだけでも上手く禁煙に成功できる人もいます。
また高槻の禁煙外来ではニコチンパットや電子タバコなどを併用して禁煙治療して行きます。
ヘビースモーカーの場合いきなり禁煙すると禁断症状に悩まされることになるので、こうしたアイテムを活用して上手く禁煙治療をしていきます。
またこうしたメンタルや条件反射、禁煙グッズを併用した治療法は高槻のクリニックに限らず全国的に広がりつつあります。