必ずうまくいく!簡単禁煙法

営業車がタバコ禁止になったどうします?

営業職だと、日々の移動は営業車でということも多いでしょう。お客さんを回る間、ひとりになれる車の中はちょっとしたオアシス。路肩に車を停めてシートを倒してお昼寝している営業マン、よく見かけますね。そしてもうひとつ、よく見かける姿には車中で一服している人の姿です。オフィス内でも路上でも、飲食店でもタバコを吸える場所がどんどん少なくなっている中、喫煙者にとって気兼ねなくタバコが吸える営業車は貴重なスペースでしょう。
しかし、その営業車でも禁煙化が進んでいます。喫煙者にとっては厳しい現実ですが、営業車を禁煙にすることは誰が考えても理にかなったことではあります。
営業車は社内で共有していることがほとんどです。車内が喫煙可であった場合、ヤニ臭さが沁みついた車内は非喫煙者の人にとっては気分の悪い環境であることは間違いありません。社員の健康を守り、働く環境を整えるためには、営業車は禁煙というのが当然の流れになります。
そして最も重要なのは、お客さんに対する印象です。タバコ臭い車に乗っていれば、乗っている人もタバコ臭くなります。会社の顔である営業が誰も彼もヤニ臭さを漂わせていては、会社そのものの信用さえ失いかねません。持参する資料やサンプル、納品物などがタバコ臭いなどもってのほかです。
もし、あなたの会社の営業車がタバコ禁止になることになったら、抵抗するのではなくいいチャンスがきたと思って禁煙を始めてみましょう。
経験した人も多いと思いますが、自力でタバコをやめるのはとても大変で、挫折することもしばしばです。今では医院に行けば、薬を使って比較的楽に禁煙を成功させることができます。インターネットで、自宅や勤務先近くの禁煙外来のある医院を簡単に探すことができます。
今すぐ医院で禁煙を始めて、あなたが営業車禁煙化の口火を切るのもいいですね。それは会社と社員、お客さんみんなにとって素晴らしいことです。