必ずうまくいく!簡単禁煙法

タバコに中毒性はない!?

昔はタバコに中毒性が無いと言われている時代もあったようですが、現在ではタバコを吸う事による中毒も明らかになっています。その為、タバコは有害性のある存在という認識が広まっていますし、禁煙に励む方も増加傾向にあるのです。
タバコを吸う事にどんな問題が発生するのかという事ですが、まずニコチン中毒になります。
喫煙をする事によって脳にニコチン受容体ができてしまいますが、受容体ができる事によって脳がタバコを欲するようになってしまいます。タバコを吸わないでいると快感物質であるドーパミンが放出され難くなってしまいますので、それによってイライラなどの禁断症状が発生してしまうのです。そしてタバコを吸う事でニコチンとニコチン受容体で結合し、ドーパミンが放出されるようになりますが、その繰り返しによってタバコを吸うと安心するという精神状態になってしまいます。タバコを吸うと落ち着くという精神状態こそがニコチン中毒の現れであり、そして禁煙がし難くなっている状態でもあるのです。
しかし、タバコはニコチン中毒だけが原因で禁煙が難しくなる訳ではありません。もう一つ習慣的な依存も中毒になる理由です。多くの方は寝起きの一服などを習慣化していると思われますが、身体に習慣が染み付いている事によってタバコが止め難くなります。
禁煙をするという事はいつもの習慣を壊してしまうという事ですし、習慣が変化するのは大きなストレスになります。そしてストレスを感じた結果、再度喫煙をしてしまうケースも少なくないと言われており、なかなかタバコから抜け出せない状態になってしまうのです。
このようにタバコはニコチン依存と習慣的依存によって禁煙を難しくさせますが、これは立派な中毒状態と言えるのではないでしょうか。